大阪、兵庫、奈良、和歌山の宅建業免許申請や開業は、堺なかがみ行政書士事務所にお任せ下さい!

072-289-7537

宅地建物取引業(宅建業)とは

1.宅地建物取引業(宅建業)とは

宅建業の範囲

宅建業を始めようとするには、宅地建物取引法の規定により、知事または国土交通大臣の免許を受けることが必要です。

宅建業とは、不特定多数の人を相手として宅地又は建物に関し、売買・交換・賃貸の行為を反復または継続して行うことです。

自己所有地を不特定多数の者に分譲することも、宅建業者が仲介するかしないにかかわらず、宅建業になります。

また、不動産業であっても、不動産賃貸・管理業は宅建業に該当しません。

 

 2.宅建業免許の種類

宅建業の免許は、個人でも法人でも免許申請できます。
免許を受けた者を「宅地建物取引業者」と呼びます。

宅建業免許の種類は2つ

都道府県知事許可

1の都道府県内にのみ事務所を設置する。
この事務所の所在地を管轄する都道府県知事に申請します。

国土交通大臣許可

2以上の都道府県に事務所を設置する。
国土交通大臣に申請します。

 

このように、事務所を設置する場所により、知事許可と大臣許可に区分されますが、免許の効力に差異はなく、全国どの地域においても宅建業を営むことができます。

 

3有効期間

宅建業の免許の有効期間は5年間。

有効期間満了後も引き続き宅建業を営む場合、免許の有効期間満了日の90日前から30日前までに免許の更新申請の手続きが必要です。

 

無料相談・お問合せ お気軽にお問合せください。

電話でのお問合せ
    072-289-7537


 

メールでのお問合せ
【原則、24時間以内にご返信・ご連絡いたします。】

お名前必須
会社名
メールアドレス必須
電話番号必須 - -
お問い合わせの内容
お問合せ詳細必須

初回相談無料

メールフォームは24時間対応!まずは無料相談をご利用ください。

072-289-7537

TOP