株式会社を設立するにはいくらかかるのでしょうか?

資金が豊富な場合は気になりませんが、1人で設立する場合、なるべく安くあげたいものです。

会社設立後の経営の運転資金や許認可を取得するなら要件も考えて資金計画を立てましょう。

●定款作成費用
会社設立には定款が必要です。
定款の原本には印紙を貼付しなければなりません。
印紙額は4万円です。

ただし、電子定款を行う場合は印紙代はかかりません。

電子定款をするにはPDFソフトやカードリーダー、住基カード等が必要です。

1社だけの設立なら金額や手間を考えると電子定款は現実的ではありません。

●定款認証費用
5万円かかります。
また、謄本交付手数料は約2,000円かかります。

●資本金
最低資本金制度が廃止になったので1円以上で可能です。

が、1円で事業を始めることは現実的ではありません。
資金繰りや事業計画をしっかり立てましょう。

設立後に許認可を取得する予定の場合、資本金や資金の要件もチェックしましょう。

●登記申請
登録免許税がかかります。
資本金の額で変わりますが、最低15万円かかります。

●印鑑の作成費用
代表者印は必ず必要です。
その他に銀行印や角印を用意します。

値段はピンキリです。
ネット検索するとかなり安いものもあります。

●登記事項証明書、印鑑証明書
登記事項証明書は600円
印鑑証明書は450円
銀行や役所等に提出する分を取得します。

以上から
ご自身で会社設立をする場合、資本金を除き、約26万円必要です。